コミュ障ってなんだろう

私はかれこれずっと自分をコミュ障と位置付けて生きてきたのですが、そもそもコミュ障ってなんだろうって思っていまして。一口にコミュ障といっても、いろんなタイプがあると思うのですよ。そもそも人と接するのが苦手なタイプ、人見知りタイプ、大勢苦手タイプなどなど…。

 

小さい頃から知らない人に話しかけるのが苦なわけではなかったので、少なくとも人見知りではないんですよね。輪に入ればある程度盛り上がることもできますし(あくまで自己評価なので普通にコミュ障のレベルかもですけど)。

 

ただ、長い付き合いの人って家族以外ほっとんどなくて。小学校も中学校も高校も大学も。小学校はともかく、中学校はスクールカーストの底辺をうろうろしてたような人間なのでお察し、高校もわりと一匹狼してたのでお察し、大学も…どの繋がりでも後々の付き合いとなるようなコミットの仕方をしなかったので会う人ってほとんどいない。

 

なので私の場合、人間関係を縮めたり続けるのがヘタすぎるタイプのコミュ障なんですよね。人見知りはしないけど、親近感を持ってもらったりあるいは持ったりする能力があんまりない。ある場所でバイトしてた時、同僚の子に、「あなたは自分から無理になって離れてくから友達いないタイプなんだよ」って言われたことがあり。確かになっていう。自分の許容できるキャパが狭いのも理由の一つなんでしょうなあ、、、小学生の時から我が強いって先生に言われてたらしいですし。私は全然覚えてないんですが。人間関係ってお互い様ですもんね。伝わるんだろうな。しかも、マイナスの感情ほど伝わってしまいやすい気がするんですが、気のせいではないですよね。

 

もう一つは飽き性なことなのかな。飽き性だと物事があまり続かんのですよ。普通の人って部活とかサークルとかのつながりで長く付き合う友達と出会ってると思うんですけど、私はあんまりそういうのがなくて。大学ではバンドやってみたりもしたのですが、楽器はほんと根気必要ですもんね。続かなかったな。だから、逆に今英語の勉強こんなに続いてるのある意味奇跡なんですよ。我ながらスゲーって感じです。

 

こんな人間なので旅人って絶対天職だよなと思いつつ、現実的に旅人にはなれなくても将来的にはあまり場所に制約されない働き方ができたらなあとは思っています。

 

コミュ障談義がいまいちとっちらかってしまいましたが、自分の性分に合った生活って絶対あると思うので、住む場所働き方含めそれを追求していけたらと思います。

MEETUPがすごく面白かった話

オンライン英会話でスクリーン越しに話す寂しさに若干耐えきれなくなってきたので笑、Meetupというサイトにてやっていたランゲージエクスチェンジに参加してみました。 これ↓

www.meetup.com

最初は色んな意味で半信半疑でしたが(出会い系として使っている人がいるんじゃないの とかね)、集まっている人のレベルはかなり高かったし、雰囲気は和気あいあいとしながらも真面目な感じでした。英会話のレベルというか、英語を話せるようになりたいという意識が高い人が多かったかな。お仕事もそれぞれ専門性を持ってやってるような人で、その話も興味深かったです。普段異業種の方の話聞く機会ってあんまりないですし。メーカー系から自衛官(!)の方まで本当に幅広い。年齢も20代の人が多い感じでしたが、40代ぐらいの方もいたりして、思ったよりは幅広かったです。先ほど英会話のレベルというか、と言いましたがそれでも皆さん結構喋れるので本当の初心者には向かないと思います。たどたどしくても少しは喋れるなって人にオススメです。 

 

ちなみに今回参加した外国人の方はほぼ日本語もペラペラだったので日本語パートは全く違和感なく進んでしまいました。外国人比率は4人に1人ぐらいだったかなあ。会によってはもう少しいると聞きました。

 

参考までに、ランゲージエクスチェンジがどういう流れで進んだか書きますと、まず30分日本語もしくは英語で話す。その後30分直前の言語とは違う言語で話す。これがワンサイクルで、今回の会はこれを3回繰り返しました。 3回繰り返すごとに席替えがあるので、いろんな人と話せます。1回500円が参加料で、他にドリンク代がかかりますが、英会話教室に通うよりかはずっと安く済むと思います。

 

日本人比率が高く、どうしても日本語で甘えてしまう?環境にはなるので、英語学習の効率としては普通にオンライン英会話の方がいいというのが私の結論でございますが笑、気分転換にはとてもよかったです。交流することで考えが及ぶようになることもあるし。東京に住むメリットはこういう集まりが探せばいくらでもあることだよな。前も同じようなこと言った気がする。 

 

また机上の勉強に行き詰ったら他の種類のMeetupにも行ってみたいと思います。また雰囲気違うんだろうなー。

英会話って贅沢な習い事なのね

こんにちは。

 

留学したいこともあり、ずっとオンライン英会話スクールにお世話になっている人間なのですが、最近通学型の英会話スクールってどうなのかなーというちょっとした好奇心から通学型英会話スクールのどさ回りをしています。スクールにもよりますが、ちょこっと英語圏から来た外国人の先生とお話させてもらって、どういう教育を提供しているスクールなのかを延々と聞いてくるやつです。

 

こういうときだけは東京に住んでてよかったーって思いますよね。英会話スクール1つとってもやたらめったら選択肢ありますもん。

 

しっかしまあ、費用の高いこと高いこと!

オンラインの価格に慣れてしまった私にはとてもじゃないですけど、ハードルが高すぎました。1回4,50分で週1回しかいかないのに2万近くとるの?!費用対効果低すぎやん!通学の強みはネイティブと対面で話せることだと思うのですが、まーそれ以外には特にメリットってないなって改めて私は感じたのでした。

 

もちろん、英語の文法から学ぶ必要があるような超初学者など通学型の方をオススメしたい層に属する方もいるのでしょうが、そこそこの層、例えばTOEIC500点~600点ぐらい取れる人で、喋れるようになりたい人であれば、オンライン英会話の方が格段に効果は高いと思うんですよね。というか、喋れるようになりたい人は週1回程度の通学型は無駄以外の何物でもないと言い切りたい。英語は使ってなんぼ、喋ってなんぼです。訛りが心配?ネイティブの方がよい?そんなの全部思い過ごしだから大丈夫。ネイティブと話そうが自分の発音に与える影響は微々たるものですし(これについては自分でかなり意識的な訓練をする必要があると思います)、非ネイティブなら多かれ少なかれ自国語に基づいた訛り持ってますもん。ネイティブでさえ、国によってアクセントが違いますよね。

 

どこの馬の骨ともわからんのが何を偉そうにって思われてるとアレなので一応私の英語学習遍歴等について触れておきますと、スクールを切り替えたりもしていますが、2014年2月からオンライン英会話にお世話になっているので、今月で通算…3年?3年たってますね。自分でびびりました。笑

当時はTOEIC500点台がやっとのレベルだったんですが、今はIELTS6.5取ります。

 

でも、これだけ費用対効果の高いオンライン英会話が普及している時代でもまだまだ英会話スクールが乱立している状況って需要があるからですよね。ガチ勢は意外と少なくて、習い事感覚だからこんなもんって感じなんですかね?日本人ってまだまだ金持ちなんだなあって変な感動を覚えたりもしたり。月2万近い月謝は安月給の私にはつらかった。

 

ブログの発端

最近、ネットでは日本の働き方がひどすぎる!とか、先入観にまみれた社会がおかしいとか、疑問を呈する類の記事を本当によく見かけるようになったなあと思うんですが、現実に職場に行ってそういう雰囲気を感じるかというと全くそうではないんですよね。

残業も普通にあるし、通勤電車は人権侵害なんじゃないかと思うぐらいにはひどいし、セキュリティの関係とやらで在宅ワークは認められなかったり、ビジネスマナーとかいうよくわからない非効率なルールに沿って行動しないといけなかったり、まーめんどくさいです。めんどくさすぎて死にそうです。死なないけど。

今までは趣味友達と繋がっているようなSNSでこのような愚痴をたまに書き出していましたが、趣味と全く関係ないことについてポストを投下するのが最近申し訳なくなってきたことと、どうせ愚痴るという行為をするなら一人でも多くこう考える人間がいるんだよ!!と改めて場を設けて発信した方が世のためになるんじゃない?とふと思い立ち、はじめてみることにしました。

興味のあることならなんでも記事にする雑記のようなブログになりそうな気がしますが、よろしくお願いします。